• ホーム
  • EDの原因「女性との性体験のトラウマ」の対処法と相手への打ち明け方

EDの原因「女性との性体験のトラウマ」の対処法と相手への打ち明け方

心因性の勃起不全には女性との性体験のトラウマが関係している場合もありますが、その場合はなかなかEDの症状を改善することが難しいと言われています。たとえ治療薬によって勃起しやすい状態を作り出したとしても、性行為を行う際にトラウマがよみがえってしまうことで神経が興奮を伝達することができないことがあるのです。このように、薬を飲んでも効果が得られないこともあるので、他の対処法も実施していくことが大切だと言えるでしょう。過去に女性との性体験でトラウマを抱えているのであれば、現在のパートナーにそのことを打ち明けて協力してもらうことをおすすめします。

EDで悩む男性のなかにはトラウマが原因で勃起しにくいことを現在のパートナーに言えないと感じている人が多いですが、それでは症状を改善することが難しくなってしまいますし、パートナーも不安を抱えてしまうはずです。もしも詳細を話しづらいのであればすべて話す必要はありませんが、過去の経験のせいでトラウマがあることを隠さずに打ち明けたほうが良いでしょう。仮にトラウマをよみがえらせてしまうような言動があるのであれば、あらかじめパートナーに伝えておくことで過去の記憶がよみがえってしまうことを防ぐことができます。包み隠さずにすべてを話すことは難しいと思いますが、トラウマがあることと、パートナーに協力してほしいことを伝えることが大切です。

パートナーの理解を得ることは心因性のEDを改善するためのいちばんの対処法だと言うことができます。トラウマがあることを伝えていなければ、パートナーは勃起しない理由が分からないので不安になってしまったり焦ってしまったりすることになり、ぎくしゃくして性行為が上手くいかなくなるでしょう。事前にトラウマが原因であると伝えておけば、勃起しない理由が不明で焦ってしまうということもありません。反対にトラウマをよみがえらせてしまうような言動を避けてもらうことができるので、過去のことを忘れて性行為を行うことができる可能性があります。

男性のなかには真実を伝えることでパートナーから幻滅されるのではないかと不安に思っている人もいると思いますが、女性としては理由が分からず性行為が上手くいかないほうが不安なものです。トラウマがあることをパートナーと共有し、それを忘れることができるような性行為を行うことができるようになれば、少しずつEDの症状が改善されていくケースがあります。ぎくしゃくすると余計に性行為が上手くいかなくなるので、EDであると気づいたときには行為を行う前にパートナーに打ち明けるようにすることが大切です。