• ホーム
  • 服用中の薬がEDの原因に!注意したい飲み合わせと対処法

服用中の薬がEDの原因に!注意したい飲み合わせと対処法

ある治療薬を服用している場合、それが原因となってEDを発症してしまうことがあるので、何か服用しているものがある場合は勃起不全の原因が薬にあるかもしれないと疑ったほうが良いでしょう。特に中枢神経に作用するものや末梢神経に作用するもの、循環器系や消化管に作用するものはEDを引き起こす原因になりやすいと言われています。うつ病の治療で処方されるものでも勃起不全を引き起こしてしまうことが多いので、これによってEDになってしまう可能性を知っておかなければならないでしょう。

神経系や循環器系、消化管に作用するような薬の服用を中断すれば症状が改善されることがありますが、それでは他の病気を治すことができない可能性があります。有効な対処法としてはすでに服用しているものを飲みながら、EDに効果のある薬も服用することだと言えるでしょう。例えばうつ病とEDの治療薬は併用しても大丈夫であることが多いので、両方を服用している人は少なくありません。ただし、高血圧を改善するための薬や降圧剤を含むいくつかのものは、ED治療薬と飲み合わせが悪かったり併用禁忌であったりする場合があるので、注意しておきましょう。

服用中の薬が原因でEDを引き起こしている可能性がある場合は、医師に相談することが大切だと言えます。なかには独断で服用を中止したり、新たなものの服用を開始してしまったりする人がいますが、これは非常に危険なことです。飲まなくなったことで身体に悪い影響が及ぼされたり、新たに服用することで飲み合わせが悪く重篤な症状を引き起こしてしまったりする可能性もあります。医師に診察してもらい適切な指示を受けなければ間違った対処法を実施してしまうかもしれないので、正しい対処法が実施できるように医療機関を受診しましょう。

飲んでいる薬が原因でEDになってしまうことは少なくありませんし、特にうつ病を患っている人にその傾向があると言えます。どのような対処法をとるべきか、状況によって大きく異なるので独断で対処法を決めるのではなく、医師にしっかりと相談するようにしてください。そうすることで原因を解消することができ、勃起不全の改善につなげることができるはずです。これまでEDの理由が分からずに悩んでいた人もいるかもしれませんが、服用しているものがある場合は、そこに原因があるかもしれないので、疑わしい場合は病院で医師に診てもらうことがおすすめだと言えるでしょう。