• ホーム
  • 意外!肥満もEDの原因だった!EDにつながる仕組みと対処法

意外!肥満もEDの原因だった!EDにつながる仕組みと対処法

驚くべきことに肥満もEDになってしまう原因のひとつだとされており、メタボリックシンドロームの人はそうでない人の約2倍ED患者が多いと知られています。勃起するためにはペニスに血が送り込まれることが重要なので、肥満によって血管に問題が生じてしまうからだと考える人は少なくありませんが、実はこれだけが原因ではありません。肥満になってしまうと男性ホルモンを含んだ様々なホルモンに対する異常を引き起こしてしまうので、その結果としてEDを招いてしまうことがあります。メタボの人はEDになりやすいので、肥満と勃起不全の関係から対処法を知っておくことが大切だと言えるでしょう。

肥満になってしまうとホルモン異常が引き起こされることで、メタボではない人と比較すると性的興奮することが少なくなることがあります。特に男性ホルモンの異常は性的欲求の低下につながりやすくなるので、勃起しづらさの原因となりやすいでしょう。もちろん、メタボになることで血液の循環が悪くなってしまったり、神経系の病気になってしまったりすることもEDになってしまう原因だと言えます。このように、太りすぎが理由で勃起しづらい状態になってしまうわけですから、対処法としては太りすぎを解消することがいちばんです。

もしも肥満が原因でEDを引き起こしている可能性があるのであれば、運動療法や食事療法を取り入れることが大切だと言えます。治療薬を服用すれば良いと思う人もいるかもしれませんが、太りすぎが原因の場合はこれを解消しなければ、薬を飲み続けても症状が改善されることはないはずです。対処法として毎日少しずつ運動を行うようにしたり、健康的な食事を意識したりすることが必要となります。運動に関しては筋トレを行うことでメタボが解消されるだけでなく、男性ホルモンの分泌量をアップすることができるのでより勃起不全の改善に効果的です。

勃起しづらさで悩んでいる人のなかには、まさか肥満が原因でEDの症状があらわれていると思っていない人も多いと思いますが、実際はこの理由で勃起不全を引き起こしている人が多いと言えます。治療薬を服用するよりもメタボを解消するような対処法を実施することで改善が見られやすくなるので、まずは健康的な生活を意識することが大切です。肥満が原因でEDを引き起こしているかもしれないと感じる場合は、普段の食事に気をつけたり日々の生活に運動を取り入れたりするようにしてください。